格安で自社アプリ開発も可能?テンプレート・パッケージサービスを使うメリットとリスク

予算が豊富にあるわけではない中小企業・スタートアップ企業にとって、事業戦略として「iOS/Android アプリを始めたいが、まずは費用を抑えて出したい」という判断になることは珍しくありません。

近年ではプログラミング不要でアプリをつくるツール、制作会社が安価に提供するテンプレート、費用は上がるもののテンプレート+αで自社のこだわりを出せるパッケージサービス(大手 SaaS)など、オーダーメイドでイチから開発する以外の選択肢も豊富になってきました。

自社でアプリ事業を始める際にはこれらが選択肢に入るものですが、まずはメリットやデメリット・リスクを把握しておくことが重要です。

iOS/Android アプリ「入門」としてメリットが大きく、多くの企業で使われるパッケージサービス

iOS/Android アプリのテンプレート系サービスは、

  • セルフサーブ型:簡単なアプリを自社で構築できるツールを使う(Wix, ペライチなどのアプリ版)
  • SaaS 型:用意された共通機能群の中から自社に合うものだけを使う
  • 準契約型:制作会社が社内で所有している資産=テンプレートを元に、ある程度共通の仕様で作業量を抑えてつくってもらう半オーダーメイド

といったパターンがあります(※正式な名称や分類があるわけではありません)。

とはいえ、メリットやリスクといった面では大きな差はありません。

新規事業との相性が良い

パッケージ型の契約で自社アプリをつくるメリットは、

  • 初期費用を抑えてアプリ事業を始める・試すことができる
  • バグ・不具合に苦しめられることが比較的少ない(※)
  • 多くの導入実績がある=企業の知見を持っている企業であれば、困ったことを相談しやすい

という点です。 

※オーダーメイドで作り込んだアプリの場合は、不具合が起きた際に原因の特定や解決に時間がかかる場合もあります。テンプレートサービスの提供企業は多くのクライアント=前例を持っており、修正対応は比較的早くなります。

自社の事業が iOS/Android アプリによって売上を伸ばせるという仮説があっても、開発費用に加えて運用コスト(広告宣伝費・サーバー費用など)も考えるとリスクが大きいものです。

コスト減だけを考えたの「格安」のテンプレートには品質面でのリスクがありますが、提供元企業の技術力やコンサルティング力が信頼できるのであれば有力な選択肢になります。

テンプレートで iOS/Android アプリを開発するリスクとは?

テンプレート系サービスを使った iOS/Android アプリ開発のデメリット・リスクは

  • 同じサービスの導入企業とは似たようなアプリになり、差別化しづらい
  • 従量課金制のサービスが多く、事業が成長した頃には運用コストが跳ね上がることも
  • 自社独自の事情や戦略に合わせてカスタマイズしようと思ってもできること/できないことがハッキリ分かれる(提供元に依存してしまう)
  • 現行のアプリ・システムが限界に達した場合、パッケージから乗り換えてイチから作り直したほうが早い(安い)ことも

という点が挙げられます。

また、あまりにも安すぎるものは動作が重い、デザインが悪い、機能が限られている、将来的にアプリストアの審査に落ちる可能性があるなどさらなるデメリットやリスクも多いといえます。

メリットに比べて比較的複雑な話になるので、それぞれについて詳しく解説していきます。

「パッケージアプリはデザインも共通だし、競合と差別化できない?」問題

「パッケージを使ってしまうと、せっかく iOS/Android アプリを作っても差別化できない」という話は間違っているわけではありません。

テンプレートを元にアプリ事業を始め、事業が成長したところでオーダーメイドのオリジナルアプリを開発するという流れはある意味避けられないものです。

ただ、アプリ事業の支援をさせていだたいてきた BackApp からすると、多くのアプリ事業は「どうやって競合と差別化するか」以前の段階で大きな壁にぶつかりがちです。

  • 新規ユーザーが流入しても、定着(再訪)してもらえない
  • アクティブユーザー自体は多いが、課金・購買までつながっていない
  • 上記問題の解決策として(過剰に)広告出稿や追加開発をしていると、運用コストがかさんで赤字になってしまう

といった壁を乗り越えなければ、そもそも「競合と争う」という意識を持つこともできません。

当然ながらテンプレートアプリを開発しても上記の問題には直面するのですが、初期費用とランニングコストが抑えられる分、ある程度は余裕をもってこれらの壁に自社なりのアプローチを試すことができます。

「競合と差別化できない」問題は、スモールスタートをする時点ではそこまで大きなデメリットではなく、事業の成長後に直面する課題といえます。

また、実績が豊富な企業のパッケージであれば、ユーザーの取りこぼしを防ぐようなデザイン・UI/UX が基本としてあらかじめ設計されていることもメリットです。

「テンプレートアプリは初期費用こそ安いが、最終的に高くつく?」問題

パッケージサービスの料金体系には

  • 従量課金制(インストール数やアクティブユーザー数 × 1 円が相場)
  • プッシュ通知など、特定機能の利用数ごとに従量課金制 ※特殊な例

というパターンがあります。

参考:【開発費用の相場・目安とは】iOS/Androidアプリの見積もり金額の考え方と、外注・委託時に意識していただきたいこと

テンプレートを使えばアプリ事業を安く始められるというのは、そもそも規模が小さければ従量課金の負担も小さく、プラン別でも低額のもので賄えるからです。

しかし、アプリが顧客から支持され、ユーザーが増えてくると話は変わります。ユーザーが多ければアプリ経由での売上も伸びますが、維持するための費用も一気に増えていきます。

そして、規模が大きくなると、これまでは(必死にアプリを運用していたため)意識していなかった「他社のアプリと差をつけづらい」「自社の事情を考えると絶対に実装したい機能・仕様を、テンプレート開発元が提供していない」という課題を意識する場面が増えてきます。

この二つの視点から、多くの企業はパッケージからオーダーメイドでのアプリへの乗り換えを検討するのです。

また、この一般的な流れを考えると、パッケージサービスを使う時点で月額の利用料金が高くつく場合は、メリットを感じづらいこともあります。

「テンプレート製のアプリは App Store/Google Play で規制されるかも?」問題

2017 年に、Apple 社が App Store のガイドラインを更新し、「安易に量産されたアプリは審査を通さない」「翌年明けまでに修正しなければ、App Store から削除する」という方針を打ち出したことが国内でも話題になりました。

この方針は App Store の審査基準を示すガイドラインで説明されているものです。

参考:App Store Review Guidelines (Apple Developer Program)

パッケージサービスに対する内容は、デザインに関する 4 章で説明されています。当時大幅な加筆が加えられたもので、2021 年に至るまでもアップデートが重ねられてきました。

最新版では、

4.2 Minimum Functionality
Your app should include features, content, and UI that elevate it beyond a repackaged website. If your app is not particularly useful, unique, or “app-like,” it doesn’t belong on the App Store.

4.2.6
These services should not submit apps on behalf of their clients and should offer tools that let their clients create customized, innovative apps that provide unique customer experiences.

4.3 Spam
Also avoid piling on to a category that is already saturated; the App Store has enough fart, burp, flashlight, fortune telling, dating, drinking games, and Kama Sutra apps, etc. already. We will reject these apps unless they provide a unique, high-quality experience.

といった部分をチェックしておきましょう。

Google Play も Android アプリの審査基準を制定

従来は Android アプリは Google Play に申請すれば短時間で公開できましたが、2019 年からは iOS と同様に審査が必要になりました。

Google 社のデベロッパーポリシーも更新が続いており、App Store と同様に、「スパム」「最低限の機能」という項目が設けられています。

2019 年 11 月には、スパムと最低限の機能に関するポリシーを「Google Play で配信するアプリの品質基準をより高く設定」して更新しました。

2021 年現在でも、

アプリは最低限、基本的な機能を備えるとともに、ユーザーに対し失礼にならないようなエクスペリエンスを提供できる必要があります。
頻繁にクラッシュするアプリや、使い勝手の非常に悪いアプリ、またはユーザーや Google Play に対するスパム行為をするアプリは、ストアに追加する意義のあるアプリとはいえません。
https://support.google.com/googleplay/android-developer/topic/9876964

違反の例
独自のコンテンツや価値を追加せず、他のアプリのコンテンツをコピーしている。 コンテンツやユーザー エクスペリエンスがほとんど同じである複数のアプリを作成する。
https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/9899034#repetitive_content

と、Apple 社と同じような表現で説明されています。

テンプレートアプリの「規制リスク」は、デザインを完全にコピーするような格安のものだけ?

Apple・Google 両者の話はある程度共通しており、要点は

  • パッケージサービスとして多くのアプリを開発〜提供すること自体を禁止するわけではない
  • テンプレートを開発する制作会社は、ユーザーが満足するようなアプリ独自の体験(デザイン・機能・UI/UX)を提供することが求められる
  • 費用を抑えてアプリを発注したい企業は、申請までを開発会社に任せるのではなく「自分たちのアプリ」として公開しなければならない

という 3 点になります。

焦点になるのは「既存のアプリと同じコンテンツをコピーしたものは規制する」という点です。とはいえ、このガイドラインに対しては

  • テンプレートや共通パッケージを使っている時点である程度は同じコードになるのではないか
  • 「できることが多いほどアプリの品質が高い」とは言い切れないのではないか
  • シンプルな役割のアプリ(たとえばスタンプラリーのイベントアプリなど)は、デザインやコンテンツにこだわるにも限界があるのではないか

という点が議論されており、まだパッケージサービスを提供する企業が大打撃を受けるほど規制された事例はありません。

テンプレート自体に高いリスクがあるわけではありませんが、テンプレートを提供する企業に iOS/Android アプリを外注する場合は、信頼できるかどうかを冷静に判断したほうがよさそうです。

アプリのパッケージを活用したい企業がそれぞれ注意すべきことまとめ

テンプレートサービスは開発費用・運用コストを抑えられるとはいえ、上記のリスクやデメリットを踏まえると、制作会社も発注企業も「とにかく安く作れれば良い」という考えでアプリに参入することは危険になってきているといえます。

コスト面だけではなく、限られた機能でも自社のアプリをスモールスタートできるか、制作会社の実績はあるかといった複数の視点から検討することをおすすめします。

開発前の企画に関するお悩み、予算や体制に対する不安、制作実績の問い合わせまで、ご不明点がありましたらお気軽にご相談ください。

アプリ開発と運用にかかる予算とは?
img
  • 「ノーコードって実はよくわからない部分もあって…」
  • 「格安パッケージは不安だけど、実績ある企業だとそこまで安いわけでもないし…でも、そうなるとオーダーメイドとの違いはどこにあるんだろう?」

といったお悩みを抱える方や、iOS/Android アプリの開発プロジェクトを初めて経験する担当者の方などに向けたお役立ち資料を公開しています。