【開発費用の相場・目安とは】iOS/Androidアプリの見積もり金額の考え方と、外注・委託時に意識していただきたいこと

アプリの企画・開発にあたってよくご相談頂くのが「そもそも開発費の相場がわからない」「見積もりを取ったら○○万円と言われたが、これは適正価格なのか」というお悩みです。

BackApp でも、できるだけ目安としてのご案内をできればとは思っているのですが、正直なところ「一概には言えない」と思っております。

なぜなら、お客様が「これくらいなら、追加してもさほど変わらないだろう」と考えるような機能で費用が大きく変わることもあります。ですので、見積もりを求められたアプリも、ある機能を想定している/いないという違いで金額に大きく差がつくことも出てきます。

ただ、我々もできる限りスムーズに商談に入っていただけるよう、ブログやメルマガにて「このジャンルであれば開発費の相場・目安はこの程度になることが多いです」「このようなことを実現する場合はコストがかかりがちです」という情報は積極的に発信してまいります。ぜひご一読の上、お役立てください。

「なんとなく」を減らし、課題と目的を明確にすることでトータル費用の目安が見える

見積もりの違い

前述の通り、iOS/Android アプリの開発費は、ジャンルで相場が決まるわけではありません。どちらかといえば「どんな機能があるか」で考えるほうがいいです。

たとえば「カタログアプリに比べるとゲームアプリのほうが費用が高い」というのは、前者は既存の Web サイトを活用することが多く、後者はほぼ確実にゼロからの開発になることが大きな理由です。また、恋愛系や占い系はプロフィール情報の精度やおすすめ(データ解析)機能が重要という風に「よく使われる機能」をベースに開発費を概算することが多いかと思います。

引用:「iPhone・Androidアプリの見積もり額が平均的に高い」と感じるのは何故?値段の内訳とは

ですので、予算の上限がある程度決まっている場合は、「機能を減らす(Web と共通の仕様にするなどの工夫も可)」あるいは「自社で一部業務を担当する(企画・デザインなど)」ことで初期費用を枠内に収めることは可能です。

これまでは「AI やチャット bot を使った自動応答」「入力された内容を機械学習」といった流行の機能、あるいは有名になったアプリと似たジャンルの企画などについてお問い合わせ・お見積もり依頼をいただく機会が多くありました。

しかし、「他社の ○○ というアプリを目安に、似たようなものを作りたい」という理由で企画や見積もり依頼をするのは、iOS/Android アプリの開発・運用で陥りがちな罠といえます。企画の前後では、「どんな機能が必要なのか」を整理、あるいは制作会社に企画段階から相談することで、効果も出やすく・見積もりの精度も上がると思います。

また、社内にグラフィックデザイナーや Web デザイナーがいるからデザインは外注しなくても…という場合、一つだけ気をつけていただきたいことがあります。アプリのデザインには「ピクセル単位で指定できない」など独自のルールがあるため、お調べいただいた上で納品していただけないと、開発に取りかかれないこともあります。

参考

相場を目安に開発・外注予算を決めるのではなく、スマホアプリ事業としての戦略性が重要

iOS/Android アプリ事業を始めようという段階でコスト面がネックになっている場合、まず考えるべきことがあります。

たとえば、「広告もよく見かける、多くの人がインストールして毎週起動している大衆向けアプリ」と「自社の既存事業に付加価値を与えるためのアプリ」や「マネタイズは後から考える予定で、プロトタイプとしてまずリリース(検証)したいスタートアップ事業」では、企画・設計から運用にいたるまで考え方が全く異なります。

前者では運営企業が専任のエンジニアや運用担当者を大勢雇って常に改善を行ない、プロモーションにもかなりの金額を使っています。iOS と Android は同時に開発し、「アプリの起動や処理を少しでもスムーズに」「滞在時間を長く」「アプリ内のユーザーの行動を解析」など、どちらかといえば “足し算” や “掛け算” で考えていくことが多いといえます。

ある目的を補完する機能を足し・掛けしていくアプリと、ある目的に絞って開発されたアプリの比較

一方、後者ではそもそも iOS と Android どちらかに注力してスタートすることも多く、「何ができるのか」がわかりやすいように機能もできるだけシンプルに、“引き算” で考えていくことが多いといえます。

また、事業計画を考える上では特に収支やキャッシュ・フローの意識が大切になります。スマホアプリは機能が増えるほど保守・運用の手間もかかるので、開発費用だけでなく毎月の運用コスト・目安も整理しておくことで、「事業は好調なのに、資金不足のために継続できない」という状況を避けられるようになります。

そもそもアプリとして

参考:「そのアプリ、事業として成立しますか?」開発の前にまず考えるべき、利益を出す仕組みとポイント

広告や iOS/Android アップデートなど、アプリ運用コストの種類・目安も把握しておきましょう

App Store/Google Play にアプリをリリースした後に必要になる費用は

  • 広告・アプリ内施策の運用費
  • サーバー代(月ごとに アクティブユーザー数 × 数円 を想定)
  • iOS/Android のアップデートや新機種への対応 = 年に一度ほどの頻度

といったものが挙げられます。

img

アプリの戦略としては再訪促進など既存顧客のエンゲージが据えられることが多いですが、アプリのユーザーを効率的に増やすためには広告(SNS 広告、Google Adwords など)も必要になります。

アプリ広告は新規獲得のためだけの費用ではありません。インストール数も重要ですが、「スマホの中にアプリは入っているが、起動していない」という休眠ユーザーを減らすためにも広告やプッシュ通知の配信が必要になります。

また、機能の追加予定がそこまでない場合などは意外と見落とされがちですが、iOS/Android のアップデートがあれば新しいシステムや画面サイズ(解像度)への対応が必要になります。最近では iPhone のアップデートでノッチを考慮することになるなど、開発だけでなくデザイン面でも保守が必要になりました。

参考:アプリの公開後にかかる費用とは?リリース後の保守・運用コストを考えておこう

また、企画前後でもう一つ考えておくべきは「自社で開発チームや広告運用チームを持つ予定があるか」です。判断は状況を見ながらでも構いませんが、内製・外注それぞれのメリット・デメリットやコストを把握しておくことも重要です。

LINE 公式アカウント(旧・LINE@)やクラウドで利用できるアプリ制作パッケージなどを利用することで、保守・運用の費用は下げることができます。事業のフェーズによってはイチからアプリをつくるよりも事業収益が安定しますので、売上や利益の金額を目安にステージ分けをして、他社サービスの利用や委託 → 自社運用への切り替えを想定をしておくのも一つの手段です。

参考:「iPhone/Androidアプリの開発は外注?社内で?」制作会社に委託するメリット・デメリット

専門家の知見をブログ・メルマガにて発信しています

エンジニア出身の代表はじめ、アプリの開発・運用に携わってきたスタッフたちが、「アプリ開発およびその後の運用で失敗しないためのノウハウ」を発信しています。

記事一例

  • 見積もりが高い!iPhone/iPad/Android のアプリの開発費ってどうやって計算されるの?
  • 開発してからもキャッシュフローが必要!運用でかかるコストまとめ
  • 1万インストールでいくら?ダウンロードしてもらうための広告費目安

など、iPhone/Android アプリ開発を考える上で最初に押さえておきたいポイントがたくさん。ぜひ、一度目を通してみてください。

メルマガ登録はこちらから

月に一度ほど、アプリ開発を検討する際のポイントや運用開始後のお役立ち情報などをお届けします。

お名前※必須
E-mail※必須