【開発費用の相場・目安とは】iOS/Androidアプリの見積もり金額の考え方と、外注・委託時に意識していただきたいこと

アプリの企画・開発にあたってよくご相談頂くのが「そもそも開発費の相場がわからない」「見積もりを取ったら○○万円と言われたが、これは適正価格なのか」というお悩みです。

BackApp でも、できるだけ目安としてのご案内をできればとは思っているのですが、正直なところ「一概には言えない」と思っております。

なぜなら、お客様が「これくらいなら、追加してもさほど変わらないだろう」と考えるような機能で費用が大きく変わることもあります。ですので、見積もりを求められたアプリも、ある機能を想定している/いないという違いで金額に大きく差がつくことも出てきます。

ただ、できる限りスムーズにご相談いただけるよう、まずは大まかな開発費相場の考え方などをご紹介します。ぜひご一読の上、お役立てください。

オリジナルアプリの開発費用は相場が分かりづらく、計算するためには企画を固める必要あり

iOS/Android アプリ事業を始める際には、大きく分けて 2 種類あります。

1 つはあらかじめ開発されているテンプレート(パッケージ)を使うパターン。デザインや見せ方をお客様ごとに変えはしますが、機能・仕様の面では大差がなく、料金プランは明確です。

そしてもう 1 つはオーダーメイドでの開発です。この場合はおそらく複数社に企画とお見積りの相談をされると思いますが、よく「思っていたより高い」「会社によって言うことが違う」という声を聞きます。

オーダーメイドでの iOS/Android アプリの開発費は、ジャンルで相場が決まるわけではありません。どちらかといえば「どんな機能があるか」が重要です。

見積もりの違い

どんな機能を持つ・どんな仕様のアプリなのかによって、開発にかかる費用(原価)が大きく変わります。お見積りの金額はそこから計算されるので、アプリ開発費用を正確に出すためには、まず企画をしっかりと固めることが必要です

参考:「iPhone・Androidアプリの見積もり額が平均的に高い」と感じるのは何故?値段の内訳とは

アプリのジャンルごとの開発費とスケジュールの目安

MLS Dev のレポートでは、iOS/Android アプリのジャンルごとの開発費用・スケジュール(工数)の相場を紹介しています。

参考:App Development Cost: Understand Your Budget To Build Powerful Apps

たとえば EC アプリは事業の規模などによって大きく変わることが伺えますが、下記のようにある程度の形が決まっているものもあります。そこからジャンルごと、機能による相場を読み解くこともできます。

飲食店舗アプリ

  • 必要な機能:ログイン、ポイント/クーポン発行、顧客管理など
  • 開発費用:50,000 ドル以上
  • 工数:3〜5 か月

出前や配車のプラットフォームアプリ(Uber など)

  • 必要な機能:ログイン、チャット・通話、配送サポート、決済など
  • 開発費用:70,000〜80,000 ドル前後 × 2(ユーザー側と企業側)
  • 工数:5〜7か月

旅行・宿泊予約アプリ

  • 必要な機能:多岐にわたる
  • 開発費用:240,000ドル以上
  • 工数:9 か月以上

テンプレート(CMS・SaaS)サービスを使う際の iOS/Android アプリ開発費用の目安

パッケージの料金体系には

  • 従量課金制(インストール数やアクティブユーザー数 × 1 円が相場)
  • プッシュ通知など、特定機能の利用数ごとに従量課金制 ※特殊な例
  • 松竹梅のようなプランごと

というパターンがあります。

機能・仕様の面ではテンプレートを提供する企業によって決められる・制限されることが多いので、開発費・ランニングコストはある程度明確になります。

アプリパッケージの従量課金制では、1 ユーザーあたり 1 円が目安です。たとえば顧客が 10 万人いるビジネスであれば月額 10 万円・年間 120 万円という風に計算されます。

プランを選択する方式の場合は、小規模なビジネス向けに月額 1~10 万円前後で限られた機能を提供し、大企業には毎月 100~1,000 万円ほどで多くの機能を提供するなど大きく差があります。

どちらにしても、試験的に小規模に始める場合などはテンプレートで開発費を抑えるのが相場といえる状況です。

広告や iOS/Android アップデートなど、アプリ運用コストの種類・目安も把握しておきましょう

アプリ事業では開発費用だけでなく、App Store/Google Play にアプリをリリースした後にも、

  • 広告・アプリ内施策の運用費
  • サーバー代(月ごとに アクティブユーザー数 × 数円 が目安)
  • iOS/Android のアップデートや新機種への対応 = 年に一度ほどの頻度

といったコストがかかります。

アプリの戦略としては再訪促進・購買単価アップなど既存顧客のエンゲージ向上が据えられることが多いですが、アプリのユーザーを効率的に増やすためには広告も必要になります。

アプリ広告は新規獲得のためだけの費用ではありません。インストール数も重要ですが、「スマホの中にアプリは入っているが、起動していない」という休眠ユーザーを減らすためにも広告やプッシュ通知の配信が必要になります。

また、機能の追加予定がそこまでない場合などは意外と見落とされがちですが、iOS/Android の OS アップデートがあれば新しいシステムや画面解像度への対応が必要になります。たとえば iPhone のアップデートでノッチを考慮することになった際は、開発だけでなくデザイン面でも保守が必要になりました。

参考:アプリの公開後にかかる費用とは?リリース後の保守・運用コストを考えておこう

自社 or 外注? アプリ事業でフェーズごとに直面するコストパフォーマンスの悩み

企画前後でもう一つ考えておくべきは「自社で開発チームや広告運用チームを持つ予定があるか(どこまでを内製するか)」です。

当然ながらすべての人材を社内に抱えるのが理想形ですが、コスト&リソース面での課題、iOS/Android に携わる人材の不足および定着の難しさなどもあり、最初は外注の割合を多くするお客様も少なくありません。

売上や利益の金額を目安にステージ分けをして、他社サービスの利用や委託 → 自社運用への切り替えを想定をしておくのも一つの手段です。

参考:「iPhone/Androidアプリの開発は外注?社内で?」制作会社に委託するメリット・デメリット

また、アプリの事業計画を考える上では特に収支やキャッシュ・フローの意識が大切になります。スマホアプリは機能が増えるほど保守・運用の手間もかかるので、開発費用だけでなく毎月の運用コスト・目安も整理しておくことで、「事業は好調なのに、資金不足のために継続できない」という状況を避けられるようになります。

そもそもアプリとして

参考:「そのアプリ、事業として成立しますか?」開発の前にまず考えるべき、利益を出す仕組みとポイント

お困りの際はアプリ開発実績が豊富な BackApp にご相談ください

BackApp では、エンジニア出身の代表はじめ、アプリの開発・運用に携わってきたスタッフたちが、「アプリ開発およびその後の運用で失敗しないためのノウハウ」を発信しています。

iPhone/Android アプリ開発を考える上で最初に押さえておきたいポイントがたくさん。ぜひ、一度目を通してみてください。

ブログをチェックする

また、

  • アプリ事業を企画しているので見積もりを頼みたい
  • 最初はある程度機能を絞ってリリースしたいので、コンサルティングを頼みたい
  • 今の企画が予算内で収まるか、実現できるか聞きたい

といったご相談がありましたら、ぜひ一度お問い合わせください。これまで開発したアプリの事例もご紹介します。


お名前※必須
E-mail※必須
URL
お問合せ内容※必須