企業向け LINE 公式アカウントがリニューアル? 自社アプリと比較した際のメリット・役割の違いとは

iOS/Android アプリ開発を検討している企業様やすでに SNS・アプリを運用されている企業様にとっては、大きなニュースが舞い込んできました。

LINE 社は、2019 年より順次、これまで顧客とのコミュニケーションを活性化させるツールとして利用されていた企業向け LINE アカウントのサービス内容をリニューアルすることを発表しました。

これまでは”月額で”数百万円がかかる「LINE公式アカウント」から、無料で中小企業が利用できる「LINE@」に分かれていました。しかし、2019 年の夏頃からは、これらが公式アカウントサービスとして一つに統合されます。

今回のアップデートのポイント

  • 基本料金無料 or 月額 5,000 円〜の中小企業向けプランでも、高度な機能(データ解析など)が使えるように
  • 基本料金は最大でも毎月 15,000 円と、従来(数百〜数千万円)より大幅に値下げ
  • 月額 15,000 円〜の大企業向けプランでは、配信するメッセージ数に対する従量課金制に

機能の Before/After に関しては下記の記事が参考になるかと思いますので、詳細が気になる方はご一読ください。

参考:【2019年最新版】LINEの企業向けアカウント統合に関する情報まとめ!LINE@も統合へ

そもそも LINE@・LINE 公式アカウントの役割・メリットとは

LINE のメリットは、自社の独自アプリよりも顧客にとってつながりやすいこと。
(まだ知らないかもしれない企業の)アプリを新しくダウンロードする必要がないため、ユーザーの心理的ハードルは低いといえます。

ただ、LINE@(新しい LINE 公式アカウントでいう安価なプランに該当)公式ガイドでも「新規客の獲得だけを求めている場合、LINE@のみで解決することは難しいかもしれません」と書いており、あくまで「リピーター獲得のためのSNS」というポジションを打ち出しています。

引用:http://blog-at.line.me/archives/50511305.html

ですので、役割としては既存顧客にセール情報などのプッシュ通知を活用する(リピート獲得・顧客単価向上)ために開発される C 向け企業アプリと重なることが多いといえます。

LINE かアプリかで検討している企業は試す価値あり

自社アプリは、開発(外注含む)しただけではほとんど効果がありません。効果的な運用をして、はじめて企業のビジネスを成長させることができます。

そういう意味では、もしこれまで Web サイト・メディアやメルマガ、SNS による運用をしたことがないのであれば、「メルマガよりは効果が出やすく」、「アプリよりは始めやすい」LINE のフリープランを試してみることをおすすめします。

LINE の友だちを増やすプロセスはアプリのダウンロードを増やすプロセスと似た苦労がありますし、読まれる・URL(リンク)をタップしてもらうための効果的なメッセージ配信はアプリ運用でも重要になってきます。先に LINE 公式アカウントを運用しておくと、のちに iOS/Android アプリを開発した際には(開発面での苦労をのぞけば)スムーズに運用できると思います。

ただ、上記はあくまで「試してみる」目的です。企業向けの LINE アカウントがあればリピート促進の施策が長期的に上手くいくというわけではありません。

LINE のプッシュ通知はあくまで LINE を起動してメッセージを読んでもらうためのもので、画像や文章で訴求がうまくできなければ「読んだだけ」で終わってしまいます。

また、新たなデメリットとして、次のような変化があります。

LINE 利用中の企業は iOS/Android アプリを開発・運用した際のコストと比較してみるほうがいい

今回のサービス統合によって SNS 上で話題になったのは、「友だち数が多く、運用を頑張っている企業にとっては出費が増えるかもしれない」という点です。

そもそも従来の公式アカウントではプラットフォーム利用料だけで年間・数千万円の利用料がかかっていました。ですので、すでに運用していた企業にとって「今より高くなることはないだろう」と感じるかもしれません。

しかし、メッセージの従業課金制は、「友だち数」あるいは「配信頻度」のどちらかが増えるとコストが増えていきます。顧客数が多い企業にとっては、メッセージ 1 通が 1〜3 円といえど 1 回あたりの配信額は想像以上の金額になるかもしれません。

もちろん自社アプリの場合も、ユーザー数が増えればもちろんサーバーを増強する必要があります。ただ、メッセージ・プッシュ通知の配信数でコストが一気に増えることはありません。「LINE の一部」ではなく「顧客のスマホのホーム画面」に存在でき、自社のページ・コンテンツに直接遷移してもらえるというメリットを考えると、これを機に改めて 「リピート促進・顧客単価向上の施策として予算をいくらかけ、何をゴールにするか」を明確にしたほうがいいでしょう。

ec

企業アプリを自社で開発・運用していく難しさも把握しておく

よくある失敗例として、「自社でアプリを持ち、開発・運用していくほうがコストが下がる」といって内製に意思決定をするケースです。

Web サイトや SNS 広告の業界と比べて、アプリのエンジニア・デザイナーや運用担当者は人材の絶対数が少なく、多くの企業が採用に苦労しています。そのため、中途採用自体に大きなコストがかかり、せっかく採用しても他社に好条件で引き抜かれてしまう…というリスクもあります。

また、iOS や Android は毎年アップデートがあり、新しい(大きな)解像度サイズが出てくるため、ただ指示を待つだけでなく新しい情報・技術に敏感な開発チームを整備しておく必要もあります。

参考:「iPhone/Androidアプリの開発は外注?社内で?」制作会社に委託するメリット・デメリット

そのような採用・育成のデメリットを考えると、追加開発のコストがなく、月額利用料とメッセージ配信料のみで顧客とコミュニケーションが取れる点は LINE 公式アカウントの大きなメリットといえます。

企業向けLINEアカウント、自社独自のアプリそれぞれのメリット・デメリットまとめ

  • 全体的には「中小企業が LINE 公式アカウントを使いやすくなったアップデート」
  • アプリか SNS かで迷っていて LINE@ 未経験の企業は一度やってみる価値がある
  • 顧客数が多い、あるいは運用を頑張る企業は一度「戦略」「目的」「ゴール」を見直したほうがいい

特に現在 LINE 公式アカウントを運用されており、今回の従量課金制への移行を機に自社アプリへの乗り換えを検討されている企業様はぜひ BackApp にもお気軽にご相談ください。

ビジネスサイド・開発サイドのバランスを考えながら、貴社のビジネスの状況を踏まえてどんなアプリを構築すればよいかなどご相談に乗らせていただきます。

BackApp のメルマガを購読しませんか

このような記事を定期的に読みたいと思っていただけましたら、ぜひご登録ください。

月に一度ほど、アプリ開発を検討する際のポイントや運用開始後のお役立ち情報などをお届けします。

お名前※必須
E-mail※必須

BackApp は、アプリ開発に特化して成長している組織です

「副業」を始めてみませんか?

BackApp では土日のみの副業・複業から社員、パートナー提携など、幅広い形態で開発体制を強化しています。ツールをフルに活用したフルリモートワークを実現しており、中には海外を旅しながら開発をしているメンバーも。コミットの履歴が残るエンジニアだからこそ、煩わしい「管理」から解放されます。

iOS/Android どちらも採用強化中ですので、ご興味のある方はご一読ください。

アプリ開発の各種相談承ります

「企画から開発までトータルで外注したい」「事業側は自社でやりたいので、開発のみ委託したい」など、御社の状況に応じてアプリの企画・開発を承ります。当社の開発事例や業界の傾向・最新事例なども含めてお話しますので、お困りのことがあればぜひ一度ご相談ください。

※働き方改革・リモートワーク推進企業のため、Skype, apper.in などオンラインでの商談も歓迎です