【アプリ化のメリットとは】WebサイトやSNS(LINE@など)との役割の違いをまず整理しましょう

限られた予算でアプリを開発・運用し、御社のビジネスを成功させるためには、何が最も大切なのでしょうか。

多くの iOS/Android アプリの企画・開発を手がけてきた BackApp では、『アプリで実現したいことを明確にする』ことが重要だと考えています。

当たり前のことではありますが、そもそもなぜ Web サイトをアプリ化するのか、SNS ではできないことなのかを考えず、「とりあえずアプリを開発しよう」と考えても、なかなか上手くいきません。

だからこそ、我々は開発だけでなくアプリの企画・設計の段階でご相談を承り、「アプリが何の役割を担うべきか」「Web や SNS とどう連携するか」「そもそもアプリを開発する必要があるか」など、専門家の目線で考えていきます。

メルマガよりも開封率が高い「プッシュ通知」が iPhone/Android アプリのメリット?

今の時代に企業公式アプリを開発・運用するのは、「目的」と「戦略」、そして「時期」を見極めることが重要です。運用の体制が整っていないときに多機能のネイティブアプリを検討したり、顧客数が多い割に購買につながっていない状況で Web に注力したりといった “ズレ” をなくすことが、iPhone/Android アプリ制作会社の役割だと思っています。

一般のユーザーを対象にした C 向けアプリの場合、かつてはメリットとして頻繁に「プッシュ通知(メルマガよりも明らかに開封率が高い)を送ることができる」という機能がよく挙げられていました。しかし今では LINE@ の普及、Web ブラウザからプッシュ通知を送る技術の開発などもあって、Web や SNS でも近いことは実現できるようになっています。 2019 年からは LINE 公式アカウントがますます中小企業にとって使いやすくなるため、顧客とのコミュニケーション施策として選ばれる頻度は増えると思われます。

また、「世界観を伝える」「顧客と良い関係を築く」というブランディング施策としても Instagram などの影響力が高く評価されており、必ずしも企業公式アプリを開発・運用する必要がなくなってきているといえます。

Web は狭く深く、アプリは広く浅く

しかし、機能だけでいえば SNS でも同じことができるからこそ、最近では改めて「Web は広く浅く(認知度向上や新規獲得)、企業の専用アプリは狭く深く(再訪促進や単価向上)」という意識が大切になってきていると感じます。

開発後、まず多くのユーザーにインストールしてもらうこと、その後も定期的に起動してもらうことが必須であるため、貴社や製品・サービスに対する興味・関心がなければ真価を発揮しません。新規顧客の獲得効率は Web や SNS には劣りますが、広く浅く情報を収集するユーザーが多い中で定期的に起動してもらえる専用アプリをつくることができれば、それだけ既存顧客により大きく “行動” が期待できるということです。

参考記事

「スマホサイトは必要な行動までのタップ数が多い=離脱率が高い」のがデメリット?

EC や店舗予約などの web サイトをアプリ化するメリットとしては、よく「目的を達成するまでに必要なタップ数や迷う可能性が減る=離脱率が下がる」という点があげられます。

実際に、既存のスマホサイトをベースに EC アプリを開発することで顧客の訪問頻度や単価が向上したというデータもあり、ジャンルによってはアプリ化にメリットがあるといえます。

ただ、プッシュ通知施策という面で LINE@ が中小企業にとって使いやすくなったように、最近では PWA という技術(Web サイトをアプリのように見せられる)を使い、「ホーム画面に○○(サイト名)を追加」ボタンを実装してるモバイルサイトが少しずつ増えています。従来のようにブラウザを起動 → ブックマークを辿ってサイトに訪問という煩雑さがなくなることで、アプリに近い UI/UX が実現できています。

suumo img

ここからわかることは、より「品質」が大事になるということです。質の悪いアプリではよくできたモバイルサイトよりも顧客にとって使いづらくなり、インストールするメリットがなくなってしまいます。

そして、もともと Web 開発に比べると iOS/Android アプリは開発費用や運用費用などコストがかさむので、ハイリスク・ハイリターンの業界という傾向は強くなっていくと思われます。だからこそ、「事業において何が問題なのか」という要件定義が大切になり、たとえば「スマホサイトの離脱率が高いので、アプリで改善する」「再訪率が低いので、LINE@(公式アカウント)かアプリのプッシュ通知で『そもそもリピートされる商材・サービスなのか』を検証する」という具体的な戦略に落とし込むプロセスが重要になります。

参考:

「専用アプリか、安価なテンプレートか」「内製か、外注か」

専門知識がなくても Web サイトを簡単につくることができるサービス、AI が自動でロゴをデザインしてくれるサービスが普及するなど、近年では “自動化” や “簡略化” がトレンドになっています。

アプリでも、簡単にアプリをつくることができるというパッケージサービスは年々増加しています。たとえば新規獲得を捨てて「購買単価の向上」「再訪率の向上」など一つの役割に絞って開発・運用するのであれば、あまり費用はかけたくないのが正直なところだと思います。

また、iOS/Androidアプリ開発のおいてはエンジニアの採用・定着が難しいこともインハウス化のデメリットになっています。少なくとも「コスト削減のために内製したい」というのは危険だといえます(一時的に低コストで開発組織を運営できても長続きしないと思われます)。

img

安価に始めるのであれば、今ですと LINE 公式アカウントかテンプレートアプリのほうがメリットを享受しやすいです。

パッケージサービスは、「飲食店」「サロン」「不動産」「採用」などのジャンルに応じて、あらかじめ用意されている機能から必要なものだけを選ぶことで、初期費用を抑えて企業や店舗、製品の公式アプリをつくるというものです。「それぞれの業者が提供するサービスの中で、自社と相性がいいところがあるか」という目線でよく比較・検討することが重要です。

img

BackApp でも(あまりおすすめはしていませんが)初期費用を抑えてアプリを提供するプランをご用意しております。お客様のご相談に乗らせて頂いた際には、アプリ化のメリットや目的に関して「テンプレート+α のアプリでも十分にできること」「オーダーメイドのアプリだからこそできること」をハッキリさせた上で最適なご提案をさせていただきます。

「うちの場合、どっちがいいんだろう…」「他社のパッケージだとこういう機能がなかったんだけど…」とお悩みの際は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

参考記事

専門家の知見をブログ・メルマガにて発信しています

エンジニア出身の代表はじめ、アプリの開発・運用に携わってきたスタッフたちが、「アプリ開発およびその後の運用で失敗しないためのノウハウ」を発信しています。

記事一例

  • EC サイトをアプリ化するメリット
  • ハイブリッドアプリかネイティブアプリか、それぞれの利点
  • プッシュ通知の活用法

など、iPhone/Android アプリ開発を考える上で最初に押さえておきたいポイントがたくさん。ぜひ、一度目を通してみてください。

メルマガ登録はこちらから

月に一度ほど、アプリ開発を検討する際のポイントや運用開始後のお役立ち情報などをお届けします。

お名前※必須
E-mail※必須