Posts Tagged 'プッシュ通知'

期限切れの前に!iOSのプッシュ通知用証明書(APNs)の更新方法

アプリを運用していて、お客様や契約企業からのクレームで怖いものの一つが「プッシュ通知が届かない」という不具合報告。

iOS や端末システムのアップデートなど外的要因が原因となることもありますが、トラブルを防ぐためにも毎年確認しておきたい作業が「プッシュ通知用証明書の更新作業」です。

そこで今回は、毎年訪れる割には「どうやるんだっけ…」と忘れがちな開発証明書の更新の流れと手順をまとめました。

※ 初回の作成に関してはこちらの記事が参考になります
https://qiita.com/natsumo/items/d5cc1d0be427ca3af1cb

APNs 更新作業の流れ

  • 証明書 (cer) を作り直す

また、証明書 (cer) を作成する際にはまず、ローカルマシンの中で個人を特定するためのリクエストファイル (CSR) をつくる必要があります。

CSR 作成後に cer ファイルを作成して取り込むことで、各自の Mac のキーチェーンアクセス上で証明書と秘密鍵が紐付きます。

なお、iOS アプリでプッシュ通知を使うために必要な開発証明書は「Apple Push Notification service SSL (APNs)」です。 プッシュ通知を実装したアプリの場合は、APNs の有効期限が切れる前に新しい証明書を発行するという作業が必要になります。

  • p12 ファイルを更新する

Certificate を作成後、サーバーにアップロードするという作業です。BackApp では p12 ファイルを使用しているので、例としてこちらも解説しておきます。

p12 は証明書を他の端末でも有効にするためのファイルで、組織として iOS アプリ開発を行なっている場合 (複数の端末からビルドする場合など) によく使われます。

ちなみに、iOS の証明書の有効期限は証明書の一覧画面で確認できます。作成から 1 年後の日付になっています。

https://developer.apple.com/account/ios/certificate/

同じく一年契約で自動更新ができない「Apple DeveloperProgram」と同様、登録時に更新のスケジュールをカレンダーに登録しておくことをおすすめします。

手順1. 証明書の要求ファイル (CSR) を作成する

まず、Mac でキーチェーンアクセスを起動し、メニューから

「キーチェーンアクセス」→「証明書アシスタント」→「認証局に証明書を要求…」

を実行します。

証明書アシスタントが起動したら

  • ユーザーメールアドレス:開発者 (管理者) のもの
  • 略称:空欄でなければ何でもいい
  • CA ...
記事の続きを読む →
0

スマホサイトの売上を改善!ECサイトのアプリ化は「3つの課題」に良い効果を与えられる

ECサイトを運営する企業様からよくご相談をいただくのは、スマートフォンでアクセスするユーザーへの対応です。

Web サイトを閲覧するデバイスの割合でいえば、PC の比率は年々下がっています。各企業が “スマホファースト” の方針で Web 改修や SNS 運営を行っている時代ですが、アプリ化となるとなかなか踏み切れないのが現実。

とはいえ、スマートフォンサイトのデータを見てみると、ユーザー数は多いもののなかなか購入数・金額が伸びないという明確な課題を抱えているサイトがよくあります。「そもそもスマホ経由で購入されるものなのか?」「最終的にはパソコンで見るのでは?」「アプリをつくったところで、劇的に改善するものか?」など、社内で議論されたこともあるのではないでしょうか。

そこで、今回は売上が伸びないスマホサイトが抱えがちな問題点と、アプリ化した際に解決できることを3つの視点でご説明します。

課題1. 期間限定セール、新入荷などの情報が旬のうちに届きづらい

自分がプライベートでスマホを使っていて、メールが届いたときにすぐ開封することはどれほどありますか?

今や、友達からの連絡はチャット・メッセージアプリなので、メーラーに届くものは “広告” がほとんどです。文章中心ということもあり、限定セールなどの情報だとしてもすぐに開封せずに「あとでまとめて読む」「気がついたら読まずに流れてしまった」という風になることも珍しくありません。

EC サイトをアプリ化するメリットの中で最も基本的なのは、プッシュ通知の効果です。

EC アプリのプッシュ通知は一般的にメルマガの 2〜3 倍の開封率になり、開封されるタイミングも早いため、即時性の高いニュースを多くの顧客に届けることができます。 1 日限定、数時間限定のセールができるのはアプリならではのメリットです。

EC アプリの効果:プッシュ通知が顧客から「期待されている」

普段スマホを使っているとたくさんのプッシュ通知を受け取るので、「うちのアプリはよく知らない企業の広告だし、通知をオフにされるのではないか…」と不安になられる方もおられます。

ですが、EC アプリのプッシュ通知の設定に関する調査では

  • すべての EC アプリでプッシュ通知をオンにしているユーザーが約 40%
  • アプリによって使い分けているユーザーが約 50%
  • 「プッシュ通知をタップしてアプリを起動することは多い」というユーザーが約 70%
  • 配信直後の開封率ではメルマガより約 15%、配信した日のうちの開封率で見ても約 10% 高い

というデータが残っており、効果には期待できるといえます。

参考:http://www.i-cept.jp/news_release/detail/?id=84s

もちろん、同じ内容を何度も送ったり、ユーザーにとって関連が薄い情報を送ったりすると、EC アプリであってもプッシュ通知をオフにされるリスクはあります。「プッシュ通知の配信でやりがちな失敗」に関しては、下記の記事も参考にしてください。

「プッシュ通知ってメルマガより開封率が高くなるの?」メールとの違いを出すには気配りが大切

課題2. いろんなページを見てもらえてはいるのに購入されない

メディアやカタログサイトのように情報を伝えるサイトであれば、多くの顧客にサイトの隅々まで見てもらえること自体に大きな価値があります。ですが、“購入” や “予約” などを目的としているサイトでは、アクセス数やユーザー数は重要な指標ではありません。

EC サイトでは、気になった商品をタップしてそのまま購入手続きに進むことは多くありません。「カートに入れる」「お気に入りに登録する」「比較する」「商品の詳細を調べる」「やっぱりやめる」という風に、購入手続きの前にさまざまな行動が発生します。

ブラウザでアクセスする EC サイト(スマホサイト)の課題は、購入に至るまでの “タップ数の多さ” です。目的を果たすまでに何度もタップしてページを移動しなければならないサイトは、途中で離脱するユーザーが多くなりがちです。

ECアプリの効果:少ないタップ数でスムーズに利用できる

Web サイトをアプリ化するメリットの1つには、「既存顧客がより快適に利用できるようになる」という点があります。

たとえば、Web メディアであればレシピやコーディネート例など後で読み返したい記事を保存しておく機能が便利になり、店舗予約アプリでは Web や電話に比べて簡単に予約を済ませられるようになります。

EC アプリでも、探しやすい商品検索機能、「あとで見る」機能などからスムーズな買い物体験を提供することで、途中での離脱を防ぐ効果が期待できます。離脱率が下がれば当然 “購入” ...

記事の続きを読む →
0

「プッシュ通知ってメルマガより開封率が高くなるの?」メールとの違いを出すには気配りが大切

「若い人はメールなんて使わないし、メルマガなんて送っても見られないだろう」

「忘れがちな期間限定の情報などはきっと顧客も求めているし、確実に伝えておきたい」

そんなときには、iPhone/Android アプリを企画・開発あるいは現行の Web サイトをアプリ化することで、独自のプッシュ通知を送るという PR 施策がよく検討されていると思います。

しかし、プッシュ通知は決して “使えば売上が伸びる” 魔法の杖のようなものではありません。運用や開発の前に、メリット・デメリットや役割をしっかりと理解しておきましょう。

スマホアプリ最大のメリットであり、メールに代わる宣伝方法となるプッシュ通知

基本的に、iPhone/Android アプリを使うユーザーの大半は「プッシュ通知自体には嫌悪感はない」「特に画面上に出てくる部分を読んでからの判断にはなるが、開封することが多い」という傾向があります。 ”広告” という印象が強いメルマガとの違いとして、ユーザーの日常に溶け込んでいるために受け入れられやすいという点は大きいといえます。

また、企業独自のアプリでは、新しいニュースやセール情報などがないときにもプッシュ通知を送ることができるという事実はあまり知られていません。ゲームアプリの『あなたがいない間にこんなことが起きました』という進捗報告、EC アプリの『もうチェックした?』というリマインド(予約されているものを忘れないように再通知すること)など、新着ニュース以外のプッシュ通知をうまく使うことで、アプリを定期的に起動してもらうという使い方もされています。

データとしても、メルマガの開封率はおよそ 10〜20 % (※自発的に登録している場合)に落ち着くのに対して、プッシュ通知の開封率は 50 % 以上を記録することもあります。スマホユーザー向けの宣伝施策としては、比較的効果が出やすいことには間違いありません。

送り方を間違えると、開封率が高くても「アプリ削除のきっかけ」になる?

ただし、プッシュ通知は決してメリットだけではありません。

各企業のビジネスアプリだけでなく、大衆向けの SNS アプリでも同様ですが、

  • 1 日に何度も、あるいは同じ内容を何度も送ってくる
  • 明らかに自分に関係ないような情報が届く
  • 通知欄だけを見ても何が言いたいのかわからない

といったことがあると、ユーザーからの信頼を失うことになります。

たとえば、企業側が「休眠ユーザー(アプリをインストールしてはいるものの、起動してくれていない)に、もう一度アプリを使ってほしい」という目的で、アップデートの際には何種類かの通知を新しく実装し、自動的に配信を ON にしておいたとします。

ユーザーは、いきなり届いた通知の内容を「今の自分にはぴったりな、お得な情報だ」と感じることができれば、再び使ってくれるようになるかもしれません。しかし、
ユーザーが「こんなのがいきなり送られてくる意味がわからない」と感じるプッシュ通知を送ると、逆に “邪魔なアプリ” を削除するきっかけを与えてしまうことになります。

つまり、プッシュ通知の配信は、「ユーザーにこういう行動をしてほしい」「何種類もパターンを用意する労力がないから、全ユーザーに同じ内容を」という企業側の目線・エゴではなく、常にユーザーの視点で企画する必要があります。

参考:
http://appmarketinglabo.net/push-livepass/
https://netshop.impress.co.jp/node/2778

iOS や Android のアップデートによる「プッシュ通知が届かない」という不具合も

スマホアプリの泣き所の一つは、ユーザーが使っている端末と OS が定期的に更新されることです。

プッシュ通知の不具合など、端末固有のバグが発生することは決して珍しいことではありません。たとえば数百万人のユーザーがいるアプリでも「特定メーカーの端末ではアプリが起動しない」「アプリ内の設定ではプッシュ通知を ON にしているのに、システム側の処理が優先されて届かなくなっている」といった不具合が発生することもあります。

このような不具合は事前に 100 % 防ぐこと・対処することが難しいため、iOS や Android の新しいバージョン、iPhone の新しい機種などがリリースされたときにどれだけ早く検証・対応できるかが鍵となります。もちろん、開発の段階でも多くの機種を想定してテストすることが大切です。

スマホアプリは、「プッシュ通知を切れなくすれば…」という “悪巧み” がバレやすい

BackApp のスタッフもよくお客様に説明させていただくのですが、アプリは「最初に失敗すると回復に苦労する」という側面があります。

たとえば、初期のインストール時やアップデート後に、多くのユーザーが「この通知はいらないな」と思うものがあったとします。そこで、ユーザーが「通知をオフにする方法がわからない」となると、日々そのアプリを使っていく中で少しずつストレスが溜まっていきます。

一時期、Web サービスを中心に「退会の処理をわかりづらくするほうがユーザー数が伸びやすい(減りづらい)」というノウハウが横行したこともありました。Web サービスや企業自体の評判は、公正なレビューサイトがないため、“抜け道” のようなテクニックも確かにあるのかもしれません。

しかし、アプリの場合はアプリストア(App Store, Google Play)の公開レビューがあります。退会処理やプッシュ通知を切る処理を複雑にするなど、企業都合での施策をしていると、ダウンロードしようとするときに必ず目に入る欄に「このアプリはひどい」と星1つのレビューを投稿されるリスクもあります。

アプリストアでユーザーの平均評価が低いことが明らかになっているアプリは、ダウンロード率、つまり宣伝の効果や、売上にもマイナスの影響を与えてしまいます。

参考:「とりあえず iPhone/Android アプリも出そう」から始まる失敗——星1つのひどいレビューは想像以上に売上に響く

プッシュ通知配信で間違いを犯さない・メールより高い開封率を出すためのまとめ

  • 同じ数のユーザーに送るのであれば、メルマガよりアプリのプッシュ通知のほうが効果が出やすいのは事実
  • 「なんで自分に送られるのかわからない」「うざい」通知が何度も届くと、削除されるリスクも
  • プッシュ通知の運用失敗はアプリの公開レビュー、つまり事業自体にもマイナス
  • iOS/Android やスマホ端末のシステムがアップデートされたときの不具合には要注意
  • 評価の低いアプリはユーザー数が伸びづらく、そもそもメルマガほど多くの顧客に送信できなくなるリスクもある

プッシュ通知の開封率を高く維持し、事業の利益を高めるには、開発者のスキルと運用担当者の気配りが重要です。

BackApp では特に「リリース段階での致命的な不具合をなくす」ことを徹底しており、高い評価が集まるアプリにこだわっています。お困りのことがございましたらぜひお気軽にご相談ください。

記事の続きを読む →
0