News

安価なアプリは危険? App Store による、テンプレートで量産されたアプリの“規制”騒動

予算が豊富にあるわけではない中小企業・スタートアップ企業にとって、事業戦略として「まずは費用を抑えてアプリを出したい」という判断になることは珍しくありません。

ですが、2017年は、iPhone・iPad のアプリを公開する App Store で「格安アプリは今後公開できなくなるのではないか」と議論されるような騒動がありました。

そこで、今回はまだご存知のない方、詳しく知らないという方に向けて、「App Store のテンプレート開発規制」一連の流れと今後の考察をまとめました。

アプリ規制の始まりは、たった一文から

2017 年 6 月に開催された「WWDC 2017」の終了後、Apple 社は「App Store Review Guidelines」を更新。海外のメディアがこの事実を報道しました。

参考:Apple cleaning hundreds of thousands of titles from App Store in Review Guidelines crackdown

更新された 4.2.6 の項はこちら。

4.2.6 Apps created from a commercialized template or app generation service will be rejected.

意味としては「テンプレートや自動生成ツールなどを使用して簡易的に量産されたアプリを App Store から削除する」ということです。

Apple の公式発表といえる言葉はあくまでこのガイドラインの一文であるため、アプリの開発者や事業者は解釈に苦労しました。

開発者の間でも偽装メールが出回るなど、年末は各界隈で「これからのアプリ開発はどうなるのか」が議論されました。

そして、まだアプリ事業を手がけていない人や企業にも情報が伝わり始めたタイミングで、Apple 社の「スパムのようなアプリを公開している企業は、2018 年 1 月 1 日までに修正しなければ、App Store から追放する」という方針が報じられました。

日本でも多くのメディアに報じられたことで、非常に多くの人・企業が Apple の意向を理解することになりました。

日本でも情報が広まった直後、Apple から詳しい説明が

2017 年 12 月 20 日、Apple 社は再びガイドラインを更新しました。上記の一文のみだった 4.2.6 の項が、下記のように大幅に加筆されたのです。

4.2.6 Apps created from a commercialized template or app generation service ...

記事の続きを読む →
0